後継者倫理塾

後継者倫理塾とは

「後継者倫理塾」とは、年間9講(1泊2日)のカリキュラムを通して、企業の未来を担う後継者の育成を目的として、純粋倫理の学習と実践を通し、よりよい生活習慣と豊かな人間性を備えた、真のリーダーシップを養成する、倫理法人会ならではの企業経営の後継者の養成塾です。毎年(10~7月)開塾しますので、会員企業の後継者を是非お誘いください。また、未会員企業でも“入会”を条件にお誘いすれば、単会の普及に繋がります。募集期間は(7月1日~8月20日)ですが、通年募集で普及を推進しましょう。


後継者倫理塾 募集要項

入塾条件 ①茨城県倫理法人会に所属していること
②5年以内を目安に事業を継承する、心身ともに健康な後継者であること
③原則として25歳から50歳までとする
募集定員 15名
※申込みが10名に満たない場合は開塾延期となりますのでご了承ください
※定員になり次第締切となります
受講料 30万円(税込)
※年間受講料、宿泊費、資料費、富士研での研修費などを含みます
受講期間

10月~翌年7月
(月1回/全10回予定/うち1回は富士研修)



後継者倫理塾 構成内容

1st STAGE 自己を知る 純粋倫理を学び、実践を通して、自律力、自己客観力、
問題意識の高揚をはかり、
自ら気づき、感じて行動できる基礎を作る。
■第一講 入塾式・オリエンテーション・基本動作
■第二講 コミュニケーションを深める行事・講義
■第三講 個人面談、SV講義、単会会長等講義
2nd STAGE 家庭・会社を知る 倫理実践力を身に付け、感謝報恩の実践に取り組み、
会社・家庭を見つめ直し、経営者・家庭人としての
資質を磨く
■第四講 富士高原研修所セミナー(二泊三日)
■第五講 派遣者・役員に対して経過報告会
■第六講 我が社のPR、「会社決算書の見方」講義
Final STAGE 未来を創り
運命を切り拓く
学んだ倫理を研究発表につなげ、第1第2ステージの反省と
これからの生き方を見定め、未来のビジョンを創造し、
後継者として倫理的信念を身に付ける。
■第七講 研究発表に向けて準備
■第八講 研究発表に向けて準備、リハーサル
■第九講 修了式


後継者倫理塾

第二期生


第一期生